正しいお手入れ方法

照明の正しいお手入れ方法

ランプのお手入れ

ランプのお手入れ

  • 濡らした雑巾で汚れを取ります。
  • 油汚れは中性洗剤をつけた雑巾で拭き取ります。
    注) ランプは器具から外して、口金部分を濡らさないように。

ランプ交換時にイメージチェンジ

たとえば「蛍光灯の和風器具に、白熱灯のあたたかみを加えたい」と思ったら、おもいきってイメージチェンジを。あたたかみのある電球色蛍光ランプ「LifeEホタルックスリム 電球色」、「ホタルックα RELAX色」をおすすめします。

※ランプの取り替えは、全部一斉に取り替えた方が良いでしょう。

ホタルックスリム

ホタルック

シーリングライトのお手入れ

シーリングライトは、器具本体(または反射板)とカバーを掃除すると、見ちがえるほど明るくなります。スポンジややわらかい布を用い、 住居用中性洗剤をご用意ください。

シーリングライトのお手入れ

まず、電源スイッチをOFFにして、ランプを照明器具から外します。
ランプは冷めてから、乾いた布に洗剤を含ませ、拭きます。
この時、ランプの口金は、洗剤で濡らさないように気をつけてください。

シーリングライトのお手入れ

反射板も、洗剤を直接吹きつけずに、乾いた布に含ませて拭きます。スイッチ等の電気部品は、洗剤で濡らさないように気をつけてください。
その後、洗剤が残らないようによく拭きとります。

シーリングライトのお手入れ

カバーはホコリや虫などを簡単にはらったあと、住居用洗剤などを乾いた布に含ませて、裏表まんべんなく拭きます。その後、洗剤が残らないようによく拭きとります。

吊り下げ型セードのお手入れ

汚れが目につきやすいのが、吊り下げ型のセード。ガラスやアクリル製などの吊り下げ型のセードも、面倒がらずにちょっと外して丸洗いするだけで、美しさが長く保てます。

吊り下げ型セードのお手入れ

電源スイッチをOFFにして、ローゼットから器具を外します。セードを取り外し、薄めた住居用中性洗剤を含ませた布で、やさしく拭き洗いします。

※本体は洗わないように。

洗剤が残らないようによく拭きとります。

ランプも冷めてから外して、乾いた布に洗剤を含ませて拭いておきましょう。

ランプが完全に乾いてから、ランプとセードを取り付けてください。

注)塗装や印刷を施したセードや木製飾りのあるセードですと、色落ちや変質することがありますので、ご注意ください。

和風竹ひごのお手入れ

和風竹ひごのお手入れ

木製や竹ひごのセードの美しさを保つには、日ごろのこまめなお手入れが大切です。繊細なデザインのものは慎重に取り扱ってください。静電気ブラシではたいてホコリを取るのが効果的ですが、掃除機で吸い取る方法もあります。化学ぞうきんの使用は、油膜が付くことがあり、変色・変形の原因となりますので、ご注意ください。

スリムメイトシリーズのランプ交換方法

電源を切り、ランプが冷めてからランプ交換を行ってください。

スリムメイトシリーズのランプ交換方法

外側のランプのソケット側を引き抜いてから、ランプホルダーを外します。

ランプホルダーは、柔軟性のある材料を使用しており割れるおそれはありません。

ランプホルダーが茶色く変色する場合がありますが異常ではありません。そのままご使用ください。

スリムメイトシリーズのランプ交換方法

内側のランプを同様に取り外します。

ランプを取り付けるときは、取り外しの逆の順序で行ってください。

このページの先頭に戻る

製品情報

CrossFeel

岩本正樹・国分友里恵×CrossFeel

彦根明・彦根アンドレア×CrossFeel

潮晴男×CrossFeel

LIFELED'S

製品情報
CrossFeel
一般ランプ
住宅用照明器具
施設用照明器具
役立つ情報
グリーン購入物品
会社情報
企業メッセージ
企業理念
沿革
会社概要
社会的責任(CSR)
プレスリリース
事業所・地図
営業拠点
研究開発
社会貢献活動
採用情報
お問い合わせ
個人のお客様向けカタログ請求フォーム
法人のお客様向けカタログ請求フォーム
製品カタログ
ランプデジタルカタログ
住宅用照明器具デジタルカタログ
住宅用LED照明器具デジタルカタログ
業務用照明器具デジタルカタログ