沿革

1950年

  • 日本電気 ラジオ事業部にて蛍光ランプの試作検討開始

1952年

  • 蛍光ランプ量産開始(10,15,20,40W)

1955年

  • 住宅用照明器具第一号(20W1灯用)量産開始

1963年

  • 羽田空港にキセノン閃光灯を使用した滑走路末端識別灯の第一号機を設置
  • 植物育成ランプ「ビタルックス」(現「ビオルックス」)を商品化

1965年

  • 南極越冬隊の野菜育成用光源として「ビタルックス」を納入

1968年

  • 水口工場(現「滋賀工場」)操業開始

1979年

  • 3波長形蛍光ランプ「ライフルック」発売

1987年

  • ソフトインバータ搭載照明器具発売

1990年

  • OA用光源事業に参入 業界初・無電極ランプ開発

1995年

  • 業界初・残光・3波長形蛍光ランプ「ホタルック」発売
  • 冷陰極蛍光ランプ(液晶バックライトユニット用)開発

1997年

  • 高周波点灯専用蛍光ランプ搭載器具「スリムメイト」シリーズ発売

1999年

  • 業界初、高周波点灯専用蛍光ランプの残光タイプ「ホタルックスリム」発売

2000年

  • 日本電気ホームエレクトロニクス株式会社からライティング事業を分社独立し、NECライティング株式会社を設立

2004年

  • NEC光電(上海)有限公司、を設立

2008年

  • 業界最高効率のLED照明器具「LIFELED’S」シリーズ発売

2009年

  • 冷陰極蛍光ランプ搭載建築化照明器具「+CLine」発売

このページの先頭に戻る

会社情報
製品情報
CrossFeel
一般ランプ
住宅用照明器具
施設用照明器具
役立つ情報
グリーン購入物品
会社情報
企業メッセージ
企業理念
沿革
会社概要
社会的責任(CSR)
プレスリリース
事業所・地図
営業拠点
研究開発
社会貢献活動
採用情報
お問い合わせ
個人のお客様向けカタログ請求フォーム
法人のお客様向けカタログ請求フォーム
製品カタログ
ランプデジタルカタログ
住宅用照明器具デジタルカタログ
住宅用LED照明器具デジタルカタログ